どんな時でも
眼をプロテクトするのがオークリー


あなたは今、眩しい夕日に向かって車を運転しています。眼にはガソリンスタンドで売っているような、チープな、偏光レンズでも何でもないサングラスをかけています。夕日が眩しくて眼を細めながら運転している自分の姿が頭に浮かんできませんか?ここでさらに想像してほしいのは、その手のチープなサングラスでは眼にとって有害な紫外線もレンズを素通りして、まっすぐあなたの眼に入り込んでいるということです。それに眩しさのあまり、眼を細めて鼻にシワを寄せたしかめっ面で夕日の中をドライブなんて、お世辞にもクールとは言えませんね。

それはまるで、眼のための日焼け止めのようなもの

高い偏光度を実現したオークリーのHDポラライズドレンズ

紫外線は眼で見ることができませんが、確かに存在しています。私たちは肌や唇を紫外線から守るために日焼止めや日焼止めリップクリームを塗ったり、帽子をかぶったりします。それは紫外線が原因で皮膚ガンを発症する恐れがあるからであり、紫外線対策はとても重要なことだと認識されています。そこから言えるのは、紫外線から眼を守るオークリーHDポラライズドサングラスも、日焼止めと同様に私たちにとって必要不可欠なものだということです。何よりも大事な自分自身のために。

オークリーHDポラライズドのサングラスはUV-A、UV-B、UV-Cに加えて青色光(青色光の中でも眼に有害な一部の波長のみ)も100%カットします。ただ、大切なことはそれだけではありません。眼を守ると同時に世界最高峰のクリアな視界も実現する。それがオークリーなのです。

View Interactive Demo

トップアスリートに愛される業界一のクオリティ

オークリーHDポラライズドのサングラスを誇らしげにかけている五輪や世界選手権のメダリストたち。彼らはその競技におけるチャンピオンです。常に限界に挑戦するプロのアスリートにとって、集中力を妨げる眩しい光や埃や塵などの障害物から大切な眼を守ることはとても重要ですが、そんな世界のトップに君臨するアスリートたちがこぞって選ぶのがオークリーHDポラライズドのサングラスであり、ゴーグルなのです。プレーの妨げとなる眩しさや眼に有害な紫外線を確実にカットするオークリーのアイウェアを武器にして初めて、彼らはパフォーマンスを最大限に発揮できるのです。ただし、それはプロのアスリートに限ったことではありません。スポーツをしてもしなくても、あなたの眼もまた同様に紫外線やあらゆる障害物からプロテクトすることが重要なのです。

不純物のないクリアなレンズ

ポラライズドの基礎となるもの

水面や雪面、そして路面に反射する光ほどやっかいなものはありません。強烈な反射光は信じられないほどに眩しく、眼を開けていることもままならなりません。でも、オークリーのHDポラライズドレンズなら、眼も眩むような強い反射光などものともせず、クリアな視界を提供します。

オークリーHDポラライズドレンズ

通常、ひとつのサングラスに必要なレンズは2枚。オークリーでは、この2枚のレンズを同時に製造します。それはなぜでしょうか?答えは至ってシンプルです。同時に製造することで2枚のレンズの光軸を完全に揃えることができるからです。

一般的なレンズ

一般的なレンズは左右のレンズがそれぞれ別のタイミングで製造されます。それは即ち、それぞれ光軸が異なるレンズのサングラスをかけるということを意味します。それが眩しさのカットや歪みのないレンズクオリティ、、そしてレンズの鮮明度に影響が出るということは、もうおわかりですよね?

より科学的な説明をしましょう。偏光波長は通常、平行方向に進行します。この平行に進む光線をカットするには、どうすればよいのでしょうか?平行な光線は垂直なものでカットすればよいのです。オークリーのHDポラライズドレンズは、このシンプルな原理を応用して作られています。オークリーがこよなく愛する"マッドサイエンス"的には、そんなシンプルなものではなく、研究に研究を重ねた緻密な計算によって作り上げられたという説明の方がふさわしいかもしれませんね。

あなたの大切な眼を守るオークリーHDポラライズドレンズ

車のフロントガラスやアスファルトの路面、都会のビル、雪面や水面など、私たちの日常生活には強烈な眩しさを放つ反射光があらゆる場所で発生しています。こういった反射光(偏光波長)は前述のように垂直のものでカットすることができます。オークリーのアイウェアはカーブのかかったデザインが特徴ですが、カーブを効かせつつ偏光波長を確実にカットできるよう、緻密な計算と高度な技術によってフレームを設計し、偏光レンズフィルターを配置しています。それにより、目くらましのような眩しい光や眼を有害な紫外線に晒す危険性を回避できるハイクオリティのレンズが生み出されているのです。