アスリートコメント

光学専門家に聞けばオークリーHDO®レンズの素晴らしさは明らかですが、ここでは実際に競技でオークリーのアイウェアをギアとして使用しているトップアスリートたちの声をご紹介します。

  • 宮里 藍

    沖縄は日差しも紫外線も風も強いからサングラスは絶対に必要なんです。私も高校生の時からサングラスを使い始めましたが、今ではサングラスがない時の方が違和感があります。きっといろんなことから眼を守ってくれるから、つけていないと眼の負担が大きいと言うこともあると思います。眼に支障のある全てのものから守ってくれて、しかもプレーによい影響を与えてくれるオークリーのサングラスは手放せないですね。

    — 宮里 藍

    • 2005年 第1回「Women's World Cup of Golf」優勝
    • 2005年 豪州ツアー「ANZ Ladies Masters」2位
    • 2005年 日本女子オープンゴルフ選手権競技 優勝
    • 2006年 Ginn Clubs & Resorts Open 5位タイ
    • 2006年 McDonald's LPGA Championship Presented by Coca-Cola 3位タイ
    • 2006年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯で優勝
    • 2006年 ADT Championship 4位
  • Brian Lopes

    跳ね上げられた泥だろうが、顔に当たる木の枝だろうが、眩しくて何も見えないような強い太陽だろうが、オークリーのアイウェアはどんな時だって本当に頼りになるよ。いつだってきっちり眼を守ってくれるんだ。特に競技中やパフォーマンスに与える視界の影響は大きいね。前までは才能さえあればと思っていたけど、オークリーがレンズの開発で行っている色々なテストを見て、いくら才能があっても質の悪いレンズを使って頼れる視界が頼れないものになっていたら、自分の本来持っている才能さえも活かすことはできないってわかったんだ。本来あるべき位置に見えなくちゃ意味ないよね。それに見えなかったら結局のところ、レースに勝てないしね。

    — ブライアン・ロープス

    • 4x World Champion
    • 6x World Cup Champion
    • 9x National Champion
    • Author with Lee McCormack on “Mastering Mountain Biking Skills”
    • More wins than any other male mountain biker
    • 25 World Cup victories
  • Ricky Carmichael

    プロのモトクロスレーサーにとっては天気が良くても雨の場合でも、アイウェアが重要なギアのひとつなんだ。前がよく見えなければ最高のパフォーマンスなんて絶対に望めない。でもオークリーのHDO®ラミネートティアオフは必要なだけ重ねておけるし、何枚重ねてコースに出ても、クリアな視界はそのままなんだ。厳しい戦いになっても、視界に絶対の自信があるからこそ勝負にも絶対に勝てるっていう自信が持てるんだ。オークリーはアイウェアでは絶対にNo.1だし、MXというスポーツの中でもNo.1ブランドと言って間違いないね。

    — リッキー・カーマイケル

    • Recognized in the sport as the G.O.A.T. (Greatest Of All Time) with 144 career victories at the professional level
    • The Winningest athlete in the history of the sport of motocross
    • 150 combined Motocross and Supercross wins
    • 16 AMS championships
  • James Stewart

    レースの時は最高のスタートを切っても、逆にスタートで失敗したとしても、何が起ころうとも自分には勝利へと導く最高のビジョンがあるって思いたいんだ。オークリーのHDO®ラミネートティアオフならどんな最悪の事態にでも備えておくことができるよ。だってどんな時でも変わりゆくコース状態がはっきりと見えるからね。

    — ジェームズ・スチュワート

    • 2009 X Games 15 Silver Medal Best Whip
    • 2009 AMA Supercross Champion
    • 2009 FIM World Supercross Champion
    • 2008 AMA Motocross National Champion
    • 2008 Motocross of Nations Champion
  • Mike ‘the Godfather’ Metzger

    90キロ以上のバイクでバックフリップしてる最中に自分の位置やランディングの場所を確認するのって本当に重要なんだ。数センチのズレが重大なミスにつながる場合だってある。そんな危険な状況で頼りにしているアイウェアなんだから、最高のクオリティーでなければならないのは当然のこと。間違いなくオレはオークリーHDO®レンズ搭載のアイウェアを選ぶね。だって他社にはそれができないし、自分の成功のためには必要なギアだから。

    — マイク・"ゴッドファーザー"・メッツガー

    • Completed the “Impossible Jump,” doing a world record back-flip over the fountains in front of Caesars Palace, Las Vegas, seen live on ESPN.
    • 2002 X-games Gold Medal
    • 1998-1999 Vans Triple Crown Champion
    • 2000 Gravity Games & 1991 AMA 80cc 14-15 Year Old Champion
  • Seth Morrison

    スキーを始めて以来、18年間ずっとオークリーのアイウェアを使ってきた。ゴーグルは昔からスノー業界で常にNo.1として有名なんだ。僕が一番気に入ってるのはレンズクオリティの高さとフィットの良さだよ。他のゴーグルメーカーはレンズが曇らないとか視界の良さばかりを謳うけど、そんなのはもう当たり前のことで、オークリーのゴーグルレンズにはHDO®テクノロジーっていうのが入ってて、パフォーマンス性能を完全に変えてしまったんだ。もうつけてるのを忘れてしまうくらい完璧なゴーグルなんだ。

    — セス・モリソン

    • 5x Powder Video Awards, Reader Poll Winner
    • 2x Powder Video Awards, Full Throttle Winner
    • 2008 Fri Flyt Prisen Athlete of the Decade
    • 2001, 2002 ESPN Action Sports and Music Awards Male Skier of the Year
    • 2001, 2001 Powder Video Awards Male Skier of the Year
  • Ricky Barnes

    オークリーを知るまでは、サングラスをかけてプレーするのに苦労してたんだ。他社のレンズはクオリティに問題があるなんて知らなかったしね。オークリーを知った今はコース上でボールがどこにあるかはっきり見えるし、視界が歪んで見えたりしないから奥行きもバッチリつかめるよ。それって他のブランドじゃ絶対に無理なことだよね。今後もオークリー以上のアイウェアに出会うことなんて絶対にないと思ってる。

    — リッキー・バーンズ

    • Won US Am
    • Low Am at Masters
    • 4 Time All American at University of Arizona
  • Gretchen Bleiler

    スノーボードをしている時は天気に関係なく一日中外にいることが多いの。オークリーHDO®レンズのゴーグルはレンズカラーがたくさんあるから雪が降っていても、ガスっても、太陽が照りつけていたって、最高にクリアな視界なんだっていう安心感があるわ。それに見たいものが本来あるべき位置にきちんと見えるしね。ハーフパイプだと奥行き感を掴むのに苦労することがあるんだけど、オークリーのゴーグルを使ってるとそんなトラブルもないし、自分の視界を信用しても絶対大丈夫っていう自信が持てるのよ。

    — グレッチェン・ブレイラー

    • 4x X Games Women’s Superpipe Gold
    • 1st Action Sports Female on the Cover of ESPN Magazine
    • 2008 ESPY Award Best Action Sports Female
    • 2008 Dew Tour Champion
    • 2006 Olympic Silver Medal
    • 2006 Saas Fee World Cup Champion
    • 2003 & 2006 Overall Grand Prix Champion
  • Shaun White

    大会でスタート台に立つと色んなことが頭に浮かんで来るんだ。でもゴーグルのことを考えるのはいつも一番最後だね。いつだってオークリーは最高だって信じてるし、事実そのとおりだから、ゴーグルの心配なんてする必要がなくて自分の滑りだけに集中できるんだ。

    — ショーン・ホワイト

    • 2007 Burton Global Open Champion
    • 5x (2003, 2006,2008,2009,2010) Gold Winter X Games Superpipe
    • 4x (2003, 2004, 2005, 2006, 2009) Gold Winter X Games Slopestyle
    • 2009 1st Burton European Open Slopestyle
    • 2009 Burton European Open Overall Champ
  • Bob Burnquist

    自分の今の視力は当たり前のものだなんて思っていないんだ。外でスケートをする限り、どうしても紫外線を浴びるから眼への影響はあるし心配するべきなんだろうけど、オークリーを使ってるから実はちっとも心配してないんだ。壊れにくいし、デザインはクールだし、アイウェアとしての機能もバッチリ。これがあれば何時間でも外で滑っていられるよ。

    — ボブ・バーンクイスト

    • Featured in video game Tony Hawk’s Pro Skater (He is featured in all of the games with the exception of Pro Skater 3.)
    • 2008 Gold Summer X Games Big Air
    • 2007 Gold Summer X Games Skateboard Big Air
    • 2005 Gold Summer X Games Vert Best Trick
  • Annika Sorenstam

    私にとってアイウェアはコース上でのパフォーマンスと正確性がすべてなの。ゴルフではあるべきものがあるべき位置に見えていないと話にならないし、特にボールが正確な場所にはっきり見えるってことが重要なの。ほんのわずかな違いでも確実にショットに影響が出てしまうから。でもオークリーのテクノロジーには絶対の信頼があるし、こんなにも独自のスタイルをもっているブランドは他にはないわ。オークリーのアイウェアをかけているってことは最初の一打を打つ前に、すでに他の選手よりも一歩抜きん出ているってことだと感じているわ。

    — アニカ・ソレンスタム

    • 89 Career Wins & 72 LPGA Career Wins
    • 10 LPGA Major Victories, including at least one victory at each of the Majors.
    • 3 time U.S. Women's Open Champion
    • 8 Rolex Player of the Year Awards: 1995, 1997, 1998, 2001, 2002, 2003, 2004 and 2005
  • Conrad Stoltz

    Xテラやオフロードトライアスロンは極限に挑戦するスポーツだよ。特にマウンテンバイクレースの時は前方の地形がはっきり見えないと重大なミスにつながる可能性があるんだ。気づいた時にはもう遅くて、木に突っ込んでいるかもしれないし、岩だらけの砂利道に転がってるかもしれない。風が強ければ涙も出るし、ゴミや埃もバンバン飛んでくる。コース上に垂れ下がった枝も危険だね。信じないかもしれないけど、そこらへんを飛んでいる小さな虫が眼に入ってしまえば一瞬でレースをだめにしてしまうことだってあるんだ。オークリーのアイウェアは歪みが一切ないし、レースの種類も天候も選ばずクリアな視界を確保して、眼を保護してくれるんだ。レースには絶対に忘れちゃいけないアイテムだね。

    — コンラッド・ストルツ

    • 2x Olympian
    • 3x Xterra World Champion
    • 5x All Africa Triathlon Champion
  • Jp Auclair

    本当に大きな雪山を滑っている時は正直言って何が起こるかまったくわからない。次々と目の前に現れる自然のエレメントを状況に合わせてクリアしていかなきゃならない。常に自分にとって好ましい状況にいられるわけじゃないから周りに注意を払って、感覚を研ぎ澄ませておく必要がある。悪天候や雪の少なさはどうしようもないからね。でも逆に考えれば健康状態とか知識や経験、ギアなんかは自分でいくらでもコントロールできるよね。自分の安全やスキースタイルに大きく関わってくるものだしね。自分の技術を高めたいなら信頼の置けるギアを使うなんて当たり前だし、特にアイウェアとなれば、山の起伏がこれ以上ないってぐらいはっきり見えるオークリー以外は考えられないよ。数あるゴーグルの中で一番正確に視界を映し出してくれるんだ。よく見えるってことはスキーに集中できるってことだからね。それにつけてるのを忘れてしまうぐらいフィット感が良いので、山のこと以外は全部忘れてしまうぐらいだよ。

    — JPオークレア

    • Co-founder of Alpine Initiative
    • Featured in Films segments for Poor Boyz Productions since1997
    • 2009 2nd place Red Bull Linecatcher
    • 2009 2nd place Red Bull Cold Rush
    • 2005 Winner Powder Magazine Video Awards Best P.O.V.
    • 2006 Nominated Powder Magazine Video Awards Best Male Performance
  • Tim Deboom

    自分でも未だにオークリーのM Frameなしにどうやってボルダーの山の中を走るのかちっとも分からないね。あらゆる天候に備えてレンズカラーは色々揃えてあるし、あまり陽がさしてない時でも下り坂では正確なターンを行わなくちゃならない。命を救われたと思ったことも一度や二度じゃないよ。100キロ近いスピードで走っていると飛んできたものが顔に当たるし、サングラスなしじゃ肌だけじゃなくて眼も日焼けして真っ黒焦げになっちゃうよ。それにスタート時は緊張するから、精神的にリラックスするのにもいいんだ。眼を細めた状態が長く続けば頭痛を起こしかねないし、8時間を越える過酷なレースを戦い抜くには最良のギアを使うに越したことはないんだ。

    — ティム・デブーム

    • 2x Ironman Triathlon World Champion