HDO[規格]

すべてのオークリーアイウェアが、アメリカ規格協会ANSIの提唱するアイウェア工業規格ANSIの過酷なテスト基準を大きく上回っています。これをすべて満たす高性能レンズテクノロジーを実現できるアイウェアメーカーは、世界中で唯一、オークリーだけです。

鮮明度・解像度テスト

レンズを通していかに対象物が鮮明かつシャープに見えるかを測るテスト。対象物から離れれば離れるほどオークリーHDO®レンズは鮮明な視界を提供するのに対して、SDO(Standard Definition Optics=一般的なレンズ)は対象物がぼやけてしまいます。


屈折力テスト

レンズに不要な度が入り、対象物のイメージを拡大していないかを測るテスト。オークリーHDO®レンズでは距離感を変えることなく、的確に対象物を捉えることができますが、、SDO(Standard Definition Optics=一般的なレンズ)はレンズのベースカーブや厚み、形状によって不要な度が入ってしまうため、対象物を拡大したり歪みを起こしたりしがちです。


プリズム・光拡散力テスト

レンズがいかに光を曲げ、対象物が本来の位置からどれだけずれて見えるかを測るテスト。オークリーHDO®レンズでは対象物が極めて裸眼に近い状態で見えるのに対し、SDO(Standard Definition Optics=一般的なレンズ)は光があらゆる方向に屈折するため、眼と脳がそのイメージを補正しようと働き続け、疲労が蓄積されます。