國母和宏選手がソチへ向け始動

2012/12/26 17:24
今シーズン、オークリーとのコラボ第3弾となるシグネチャーモデルをリリースしたKAZUこと、國母和宏選手。

2010年のバンクーバー五輪で一躍時の人となったKAZUですが、その1ヶ月後に開催されたスノーボード界で最も伝統のあるUS OPENでは、バンクーバー五輪の銀メダリストと銅メダリストなどの強豪を相手に見事日本人として初の優勝を飾り、さらに翌年2011年も連覇を達成、世界中にその存在感を見せつけました。

昨シーズンは思うようなリザルトを出せなかったKAZUですが、その理由や近況、今後の新たな目標、それに向けた決意など、KAZUの2010年から現在までのリアルな姿をまとめたドキュメンタリー映像が完成しました。この映像にはKAZUがバックカントリーで、まさに命がけでフィルミングに挑んだフッテージの数々も収録されています。

世界でも指折りのトップライダーにしか許されない、まさにスノーボーダーの理想とも言える“自由”を手に入れた今、ある意味で“自由”とは対極に位置する五輪(次の冬季はソチ五輪)を目標にする理由とは?

KAZUのリアルな今を感じられる映像を特設サイトにてぜひご覧ください!

國母和宏スペシャルサイト ? スノーボードの歴史に名を残した

そして、今回リリースされたKAZUシグネチャーモデルは、CROWBAR SNOW とライフスタイルサングラスのFrogskins。オークリーからシグネチャーモデルをリリースした日本人アスリートはいましたが、なんと今回は日本人初となるワールドワイドでのリリースとなりました。
こちらもスペシャルコンテンツで是非チェックしてください。

ギャラリー

関連製品

過去の記事