SPORTS HERITAGE COLLECTION“RadarLock”ニューカラーをトライアスリートが着用!

2014/10/29 13:10
10月26日(日)、トライアスロン日本一を決定する「第20回日本トライアスロン選手権」が東京都お台場海浜公園、臨界副都心トライアスロン特設会場で開催されました。

まだ肌寒い午前8時過ぎ、まずは女子からスタート。
有力選手が順当にスイムからバイクへトランジットし、井出樹里、高橋侑子 両選手を含む数名が先頭集団を形成後、後続の集団と40秒ほどの差でラン勝負へ。高橋選手は得意のトランジットでランをトップでスタートしましたが、そのまま守りきることができず惜しくも3位。高橋選手は年間のシリーズポイントも3位で今シーズンを終えました。
気温も少し上がり始めた11時、次に男子がスタート。
山本良介選手はスイムで出遅れ、バイクでは第3集団を引っ張る形の厳しい戦いの中あきらめずに前を追いますが11位。
細田雄一選手はスイムを上位で終え、バイクも先頭集団で周回をこなし、ラン勝負へ。
結果は惜しくも2位となりましたが、細田選手を含む3選手が繰り広げる激しいデッドヒートが会場を熱く盛り上げました。

本大会では、オークリーが世界初のスポーツサングラスと呼ばれるEyeshadeの誕生30周年を記念してリリースされた、SPORTS HERITAGE COLLECTION“RadarLock”のニューカラー(11月発売予定)リリースに先駆けて、オークリーの契約/サポート選手が着用し日本一を目指しました。
オークリーはこれからもアスリートの眼を護り続け、さらなる進化をアスリートと共に切り開きます。
11月発売予定の本モデルを、是非みなさんもお試しください!

ギャラリー

関連製品