全日本モトクロス選手権第8戦中国大会 成田亮選手が日本チャンピオンに!

2014/10/08 10:50
全日本モトクロス選手権第8戦が10月4日(土)・5日(日)に広島県・世羅グリーンパーク弘楽園にて開催されました。天候は台風の影響で雨模様でしたが、幸い心配されたほどの悪天候ではありませんでした。

全日本最高峰クラスIA-1では、ヒート1で成田亮選手(オークリー契約ライダー/Airbrake MX着用)が13周目までトップを独走。しかし14周目には平田優選手(サポートライダー/Airbrake MX着用)が成田選手を抜きトップに立つと、一気に引き離して快走し19周目にチェッカー。見事今季2勝目を挙げ、2位に成田選手・3位には熱田孝高選手(オークリー契約ライダー/Mayhem MX着用)と、表彰台をチームオークリーが独占する結果となりました。

ヒート2では、4周目に成田選手がトップに浮上するとリードを拡大。平田選手も徐々に追い上げ熱田選手との2番手争いを展開し追い抜くと、成田選手に一気に追い付き11周目にはトップに浮上、そのまま成田選手との差を広げて勝利。平田選手は今季3勝目となり本大会の総合1位を獲得しました。そして成田選手は2位でフィニッシュ、この時点で成田選手は4年連続、そして前人未到の通算10回目となる日本チャンピオンのタイトルを獲得しました。
成田選手、平田選手、おめでとうございます!

IA-2クラスでは現在ランキングトップの勝谷武史選手(サポートライダー/Airbrake MX着用)がヒート1のレース中盤でやや疲れを見せるも、大きなリードを生かして優勝。ヒート2ではトップを走行しながらもマシントラブルで2番手に下がり、ランキング争いをする富田選手に優勝を奪われてしまいましたが2位でチェッカー。結果今シーズンのチャンピオン争いが次回の最終戦まで持ち越されるという、予断を許さない展開となりました。

10月25日(土)・26日(日)に宮城県・スポーツランドSUGOにて今季最終戦が開催されます。勝谷選手もシリーズチャンピオンのタイトルをかけて出場予定です!
チームオークリーの応援をよろしくお願いいたします。

ギャラリー

関連製品