成田亮選手と勝谷武史選手が両クラス両ヒートで優勝、オークリー完全制覇達成!

2014/08/06 15:10
全日本モトクロス選手権第6戦が8月2日(土)・3日(日)に宮城県・スポーツランドSUGOで開催され、オークリー契約ライダーの成田亮選手と勝谷武史選手がIA-1及びIA-2クラスで行われた決勝2ヒートでそれぞれ優勝!
オークリーMXゴーグル着用選手が完全制覇を果たしました。

丘陵地にあるSUGOインターナショナルモトクロスコースは完全改修されており、新たなコースレイアウトで選手たちを迎えました。
しかしレース当日は最高気温33度の猛暑による発汗、凄まじく舞い上がる土埃が視界に大きく影響し、ゴーグルの性能がパフォーマンスを左右するコンディション。
その中で成田亮選手はAIRBRAKE MXを着用し、今季決勝12レース中8度目の優勝を飾り、最高峰クラスIA-1ランキングトップを独走しています。
また、IA-2の勝谷武史選手も同じくAIRBRAKE MXを着用しており、今季7度の優勝でランキングトップを守っています。

成田選手は8月7日(木)からアメリカ合宿入りし、さらなるパワーアップが期待されます。
次戦は9月13日(土)・14日(日)、奈良県・名阪スポーツランドにて行われます。
オークリーチームを皆で応援しましょう!

ギャラリー

関連製品