2014年ツール・ド・フランスはイタリア人のビンチェンツォ・ニーバリ選手が総合初優勝

2014/07/29 12:19
2014年7月27日(日)、イタリアチャンピオンのビンチェンツォ・ニーバリ選手(29歳)が、初の総合優勝を果たしました。
イギリスのグランデパー(スタート地点)からシャンゼリゼ大通りまで21日間におよぶレースで3,364キロ以上を走ったニーバリ選手は、パリの歴史あるシャンゼリゼ大通りに89時間59分06秒のタイムでゴール。2位の選手とは7分37秒という大差をつけました。

「The Shark」(サメ)の愛称で知られるニーバリ選手は、その名のとおり、今年のコースの目玉である4つの山岳すべてに襲いかかりました。全21ステージのうち、18のステージでマイヨ・ジョーヌ(イエロージャージ)を保持するという脅威の傑出ぶりを見せたのです。世間の注目は、マイヨ・ジョーヌをめぐる最大のライバル、前大会優勝者であるチーム・スカイのクリス・フルームと、元チャンピオン、ティンコフ=サクソのアルベルト・コンタドールの2人にほぼ集中していましたが、両選手とも激しいクラッシュによりレースを棄権。主要なライバルたちが消えた後もニーバリ選手は積極的に攻め続け、今年のツール・ド・フランスのプロトンにおいて絶対的なベスト・ライダーであることを証明しました。第2ステージを含む4つのイギリスのステージで優勝し、積極的に攻めたヴォージュ山脈のラプランシェ・デ・ベルフィーユでも勝利。さらに第13ステージではアルプス山脈で優勝、また第18ステージではピレネー山脈でもステージ優勝を飾りました。ニーバリ選手が最初にマイヨ・ジョーヌを勝ち獲ったその日から、彼が今年のレースを席巻することに疑う余地はありませんでした。

山岳ステージにおけるニーバリ選手の数々の勝利はこれ以上ないほど見事なものでしたが、彼が今年のツールの優勝候補だということをはっきりと証明して見せたのは、皮肉にも第5ステージ「北の地獄」での走りだったかもしれません。今大会、選手とメディアのほとんどがこの第5ステージに注目していました。そこで選手たちを待ち受けていたのは、9つの手ごわい「舗道」、つまり石畳の危険なゾーン。かの伝説的なパリ〜ルーベのコースも走ります。ただでさえ厳しいこのステージ、土砂降りの雨で路面が滑る最悪のコンディションのなか、ニーバリ選手は素晴らしい走りを見せ、第101回ツール・ド・フランスで最も象徴的なレースを展開。後続と2分の大差をつけてゴールしました。

2010年のブエルタ・ア・エスパーニャと2013年のジロ・デ・イタリアですでに優勝経験があるニーバリ選手は、唯一逃していたグランツールタイトルであるツール・ド・フランスでついに優勝をもぎ取り、全グランツール覇者の仲間入りを果たしました。今大会のマイヨ・ジョーヌによって、3つのグランツール全てを制覇した数少ない選手のリストに、イタリア人選手ニーバリがその名を連ねることになります。これまでこの偉業を成し遂げたのは、ジャック・アンクティル、フェリーチェ・ジモンディ、ベルナール・イノー、エディ・メルクス、アルベルト・コンタドールのわずか5人のみ。



今年もまた、ツール・ド・フランスは大興奮のうちに幕を閉じました。イギリスを疾走する選手を一目見ようと道沿いに立った何百万人ものファンも、北フランスの石畳の上で繰り広げられるドラマも、世界一厳しい山岳コースの接戦も、ツール・ド・フランスは裏切りません。ツール・ド・フランスのチャンピオンというタイトルを獲得したイタリア人のビンチェンツォ・ニーバリ選手も、ファンの期待を裏切ることはありませんでした。

ニーバリ選手の総合優勝までの21日間の軌跡をさらに詳しく知りたい方は、こちら(英語版記事)をご覧ください。

■個人総合最終成績

1 Vincenzo Nibali (Ita) Astana Pro Team 89:59:06
ビンチェンツォ・ニーバリ(イタリア)Astana Pro Team 89:59:06
2 Jean-Christophe Peraud (Fra) AG2R La Mondiale 0:07:37
ジャン=クリストフ・ペロー(フランス)AG2R La Mondiale 0:07:37
3 Thibaut Pinot (Fra) FDJ.fr 0:08:15
ティボー・ピノ(フランス)FDJ.fr 0:08:15
4 Alejandro Valverde Belmonte (Spa) Movistar Team 0:09:40
アレハンドロ・バルベルデ・ベルモンテ(スペイン)Movistar Team 0:09:40
5 Tejay Van Garderen (USA) BMC Racing Team 0:11:24
ティジェイ・ヴァン・ガーデレン(アメリカ)BMC Racing Team 0:11:24
6 Romain Bardet (Fra) AG2R La Mondiale 0:11:26
ロマン・バルデ(フランス)AG2R La Mondiale 0:11:26
7 Leopold Konig (Cze) Team Netapp-Endura 0:14:32
レオポルト・ケーニヒ(チェコ)Team Netapp-Endura 0:14:32
8 Haimar Zubeldia Agirre (Spa) Trek Factory Racing 0:17:57
アイマル・スベルディア・アギレ(スペイン)Trek Factory Racing 0:17:57
9 Laurens Ten Dam (Ned) Belkin Pro Cycling 0:18:11
ラウレンス・テン・ダム(オランダ)Belkin Pro Cycling 0:18:11
10 Bauke Mollema (Ned) Belkin Pro Cycling 0:21:15
バウク・モレマ(オランダ)Belkin Pro Cycling 0:21:15

ギャラリー

関連製品