JPSAジャパンプロサーフィンツアー2014 第二戦 伊豆下田チャンピオンプロ

2014/07/01 17:06
オークリーアイウェア契約の田中樹選手がファイナルに進出し、3位となりました!
また、アイウェア契約の野呂玲花選手は惜しくも準優勝。
契約選手より今大会のコメントが寄せられています。

3位 田中樹選手
今大会はファイナルをメイクしたんですが、3位に終わりました。予選から調子が良かったのですが、ファイナルは作戦ミスで優勝を逃してしまいました。作戦は秘密なので言えません。次は再来週に湘南オープンがあるので、そこに向けて調整していきます。応援ありがとうございます。

準優勝 野呂玲花選手
準優勝でした。ファイナルはマキシマムウェーブを乗り終えてしまって、10分を残して上がってきました。
1位だったのに、最後の一本を乗らなくてもいい波にテイクオフして全部乗り終わってしまったのが1番の敗因でした。今回の試合は優勝するチャンスを自分から逃してしまいました。
サーフィンも、試合の運び方も、もっともっと勉強して、私が絶対に1番になります!
今回の試合は自分のミスでこんな結果になってしまったことが凄く悔しいけど、次また同じ失敗をしないように、今回負けた原因を考えて次に向けて頑張ります!応援ありがとうございました。

9位 高梨直人選手
QF敗退 9位でした。 前半で、4.25と5.0と今大会でのアベレージと思う点数を出せたと思います。しかし後半点数を思うように伸ばす事が出来ず、結果逆転されてしまいました。 試合運びやライディングは悪くなかったと思うので、自信を持って次戦に向けて調整し望みたいと思います。応援よろしくお願いいたします。

R5敗退 田中譲選手
Round5から出場し、敗退してしまいました。今回はコンディションとモチベーションも良くいい形で挑め、波もセットや形いい波も掴めたのにスコアを出しきれず、尚且つ波とサーフボードがマッチングしなかったので上手くボードチョイスが出来なかったことが敗退の原因だと考えています。次はその点にプロとして十分に注意を心がけて頑張りたいと思います。応援ありがとうございました。

R5敗退 加藤嵐選手
今回の試合はヒート前のウォーミングアップで足首の靭帯を伸ばしてしまい自分のサーフィンが出来ませんでした。管理能力の低さと体のケアの足りなさが招いた怪我だと反省しています。次戦ASPイベントのメキシコ戦はパスするのできっちり身体を治すことに集中して、1日でも早い復帰を目指してトレーニングに励みます。応援ありがとうございました。

R5敗退 田中海周選手
敗因は自分よりも相手がいい波を乗り決めていたことに尽きます。また、自分自身が逆転を意識し過ぎて力んで硬くなっていたこともありました。やはり波が小さいコンディションは誰よりもいい波を取るという重要性を改めて実感した試合になりました。次回はいい波を取り、その波で決めてリードしていく試合運びをします。応援ありがとうございました。

選手たちは次は再来週の湘南オープン出場予定です。
優勝を期待して、皆さん、応援よろしくお願いします!

ギャラリー

関連製品