大谷翔平選手[Special Edition]着用中!

2014/05/29 11:13
北海道日本ハムファイターズ所属、オークリーアイウェア契約の大谷翔平選手がオークリースポーツアイウェア生誕30周年を記念した「RADARLOCK PATH 30 Year Sports Special Edition」、「Special Edition Heritage EYESHADE」、「Special Edition Heritage RAZOR BLADES」を着用しています。
2014年から遡ること30年前、1984年に世界で初めてのスポーツアイウェア「EYESHADE」を発表したオークリー。スキーのゴーグルをもっとサングラスに近い形にしようと試みて作られた「EYESHADE」は、スキーヤーに瞬く間に広がっていきました。大谷選手も着用した瞬間に「ゴーグルみたい!」とさすがに東北出身なこともあり、即座にゴーグルを連想していました。

「EYESHADE」を販売していたスキーショップを訪れた世界的なサイクリスト、グレッグ・レモンが競技にこの「EYESHADE」を使用してあっという間に自転車界にも広がりを見せ、1988年のソウル五輪自転車日本代表選手にも着用する選手が現れたほどの人気を博したモデルです。

「EYESHADE」発売翌年の1985年には軽量化を施した「BLADES」を発表、そして翌1986年にはさらにスポーツ的なフォルムに進化した「RAZOR BLADES」がリリースされました。大谷選手も着用してみると「だいぶ今のモデルに近くなりますネ。」とその進化を感じたようです。

現在、大谷選手はスポーツアイウェアの最新版「RADARLOCK」を着用していますが、「やっぱりオークリーはいつの時代も格好いいです!もしかして、30年前のモデルもレンズのクォリティは同じなんですか?」とするどいコメントをいただきました。もちろん日々進化していますが、30年前から今と変わらず世界最高峰のレンズクォリティを誇っています。

その時代時代で最先端のプロダクトを提供しながら、アスリートの眼を保護し、さらにパフォーマンスを発揮させてきたオークリー。

大谷選手の今シーズンの活躍をしっかりサポートしていきます!
今季の大谷選手の活躍を応援していきましょう!

ギャラリー

関連製品