OAKLEY PRO JUNIOR加藤嵐選手が2連覇!Girl’sでは野呂玲花選手が優勝!

2012/08/08 12:32
2012年ASPジャパンツアーの第6戦目となるジュニアイベント「OAKLEY PRO JUNIOR」が8月4日、5日の二日間、千葉県長生郡一宮町釣ヶ崎海岸(志田下ポイント)にて開催されました。

会場となった千葉県長生郡一宮町の志田下の天候は快晴で猛暑の真っ只中、波はクリーンな3〜4フィート(1.5〜2メーター)というスーパーコンディションとなり、4日に予選、5日のイベントファイナルデーにはU-20メンズジュニア、クオーターファイナル、セミファイナル、そしてU-20ガールズ、ファイナル、をはさみ、U-20メンズジュニアのファイナルが行われ、最後にU-16カデット、 クオーターファイナル、セミファイナルとファイナルが行われました。

U-20メンズジュニアファイナルに進んだのは、加藤嵐選手、大橋海人選手、仲村拓久未選手、そして安井拓海選手の4名。3本目のライディングで大橋選手が7.00ポイントに出し、加藤選手も3本目のライディングで6.50ポイントを出しました。加藤選手は更に7.80ポイントに成功すると、これまでレフトの波で勝負していた大橋選手を逆転し、リートを奪いました。最終的には加藤選手14.30、大橋選手12.35、仲村選手10.60、そして安井8.07ポイントとなり、加藤嵐選手が昨年に続きOAKLEY PRO JUNIOR連覇を果たしました。

優勝した加藤嵐選手のコメント
「応援してくれた皆さん、ありがとうございました。急にサイズが少々上がり、少しポジショニングに迷いました。運が良く一本良い波を掴む事が出来て展開が良い方向に進みました。対戦相手を気にしないで、2本目の良い波を乗る事だけを考えました。皆さんの応援に本当に感謝しています!自分のスポンサーでもあるオークリーの大会で優勝出来て本当にうれしいです!」

U-20ガールズファイナルに勝ち進んだのは、野呂玲花選手、高橋みなと選手、武知実波選手、そして北沢麗奈選手の4名。優勝争いをしたのが野呂玲花選手とディフェンディングイベントチャンピオンの高橋みなと選手。最終的に8.30ポイント対8.25ポイントの小数点差で野呂選手が高橋選手を上回り、見事優勝しました。野呂選手はこの優勝で2012 ASPジャパン、プロジュニアガールズランキング首位に立ちました。

そしてU-16カデットファイナルに勝ち進んだのは、安井拓海選手、佐藤魁選手、松下諒大選手、そして仲村拓久未選手の4名。セミファイナルの劇的な終盤の大逆転勝利を収めてファイナル進出した安井拓海選手が7.50と6.80ポイントを握り終始リードを保ち、2位の仲村選手が追走する展開となりました。終盤で仲村選手がフロントサイドの凄い演技で勝負をしましたが、なんとこのライディングでインターフェアを取られてしまう事態に。結果トータルスコア14.30ポイントで安井選手が文句なしの嬉しい初優勝を飾りました!

OAKLEY PRO JUNIOR 2012 ファイナル公式結果:
Juniorr Mens.
1st, 250Pts, U$2,000 :加藤 嵐
2nd, 188Pts, U$900 :大橋 海人
3rd, 141Pts, U$600 :仲村 拓久未
4th, 123Pts, U$500 :安井 拓海

OAKLEY PRO JUNIOR 2012 ファイナル公式結果:
Girls
1st, 250Pts, :野呂 玲花
2nd, 188Pts, :高橋 みなと
3rd, 141Pts, :武知 実波
4th, 123Pts, :北沢 麗奈

OAKLEY PRO JUNIOR 2012 ファイナル公式結果:
Cadet
1st, 250Pts, :安井 拓海
2nd, 188Pts, :佐藤 魁
3rd, 141Pts, :松下 諒大
4th, 123Pts, :仲村 拓久未

イベント公式ページは、http://japan.oakley.com/projunior/ からどうぞ!

2012 ASPジャパンツアーは次回8月17日から8月20日まで、QUIKSILVER PRO JUNIOR IKUMI OPEN(ROXY Girls Ikumi Open、QUIKSILVER King of the Grommets Ikumi Open)として高知県東洋町生見海岸にて開催されます。

ギャラリー

関連製品