全日本モトクロス選手権第3戦、成田亮選手連勝記録を更新!

2012/05/15 16:04
5月12日(土)〜13日(日)にかけて、広島県世羅のグリーンパーク弘楽園にて全日本モトクロス選手権第3戦が開催されました。この会場はアップダウンのある土地に、ダイナミックにレイアウトされたハイスピードなコース設定。路面はハードで、テクニカルかつエキサイティングなジャンプも多くあります。大会当日は天候に恵まれたこともあって7150人の観客が訪れました。

このレースでは、シーズン開幕戦で「今シーズンはIA-1クラスでは開幕戦から全レース優勝します!」と宣言し、実際にこれまでの4ヒートすべて優勝しているオークリー契約の成田亮選手を始め、第2戦で表彰台を獲得した同じくオークリー契約の熱田選手や増田選手などに注目が集まりました。

ヒート1。スタートからホールショットを決めた成田選手がレースをコントロールしますが、第1戦、第2戦とは異なり、後続ライダーたちが必死に成田選手を追いかける熱いレース展開。ずっと3番手を走行していた増田選手もレース後半まで成田選手を攻め立てますが、ラスト2周で4位にポジションを落としてしまいました。結果はラストスパートをかけてトップを守り切った成田選手の優勝。開幕戦の宣言通り、後続の選手がわずか0.9秒差でフィニッシュするという厳しいレース展開を制しました。

ヒート2。再び成田選手がホールショットを獲得。増田選手は5番手のポジションからレースを追い上げます。残り10分を切ったところで増田選手が2位に浮上して成田選手を追い上げますが、成田選手も抜くチャンスを与えない走りを見せます。ラスト2周で増田選手は1つポジションを下げてしまい、結局3位でフィニッシュ。成田選手は2位の選手より約0.5秒先にチェッカー。この結果、開幕から6ヒート連続となる勝利を手にしました。

レース後、成田選手は「ヒート2こそ楽な展開に持ち込めるかと思いましたが、新井選手が速く、増田選手も追いついてきて、結局は両ヒートとも大変なレースでした。勝てて良かったです」とコメント。次の第4戦でも成田選手は連勝記録を伸ばせるのでしょうか?期待がかかります!

増田選手は惜しくも3位に留まりましたが、次レースまでこの好調をキープして、また熱いバトルをみせてもらいたいですね。IA2クラスでは第2戦でピンピンを獲得した山本鯨選手でしたが、ヒート1では3位。ヒート2は2位と惜しい結果に終わりました。

次回は5月26日(土)〜27日(日)に宮城県のスポーツランドSUGOで開催されます。東北エリアの皆さんも、この熱いレースをぜひ観戦しに会場に足を運んでいただけたらと思います。

選手着用モデル
成田亮選手:Mayhem: Dark Grey Lens
      Dispatch : Polished Navy
増田一将選手:Mayhem: Dark Grey Lens
 Jupiter Squared
熱田孝高選手:Mayhem: Dark Grey Lens
       Dispatch: Matte White
山本鯨選手:Mayhem: Dark Grey Lens
      Holbrook: Matte White

ギャラリー

関連製品