2011年全日本モトクロス選手権 オークリーライダーがシリーズランキング1、2 フィニッシュ!

2011/11/25 11:50
11月19日(土)〜20日(日)にかけて、埼玉県にあるオフロードビレッジで全日本モトクロス選手権の第10戦が開催されました。19日の土曜日に降った大雨のため、決勝レースは第9戦と同じくマディなコンディション。さらに気温22℃という、選手にとっては厳しい状況でレースが行われました。

ヒート1ではスタート直後に成田亮選手と熱田孝高選手が接触。成田選手が転倒し、シリーズチャンピオンが最後尾からスタートするというまさかのレース展開に。これをチャンスにした熱田選手がレースを引っ張ります。

トップライダーたちが次々に仕掛けてくる中、熱田選手は安定したライディングでしっかりトップをキープしてそのままゴール!シーズン4勝目を挙げました。一方、スタート直後に転倒してしまった成田選手は驚異の追い上げで最終的に5位まで順位を上げてレースをフィニッシュしました。レース後、熱田選手は「今シーズンはずっと亮がヒート1で優勝していたので、初めてヒート1優勝できて嬉しいです。ヒート2も優勝を狙っていきます」とコメントしてくれました。

ヒート2のレース序盤では熱田選手が2番手、それに続いて成田選手という順に。オフロードビレッジをホームに活動している増田選手は4番手につけ、5番手には勝谷選手が続きました。しかし、3週目で成田選手がトップに上がるとそのままゴールしてヒート2の優勝をもぎ取りました。レース後、表彰台に立った成田選手は「シーズンチャンピオンも獲得できて、通算100勝もできて、さらにシリーズ最終レースでも優勝できるなんて実に最高のシーズンでした!今夜は飲むぞ〜!!」と最高の笑顔でコメントしていました。

今シーズン、成田亮選手は20レース中12戦優勝という圧倒的な強さで1年ぶりにシリーズチャンピオンに輝きました。成田選手、おめでとうございます!

あっという間にシーズンが終了した感がある今年のモトクロス。成田選手の素晴らしい活躍をはじめ、やはりレース展開の面白さはダントツと言えるスポーツです。オークリーライダーたちの来シーズンの活躍に今から期待が高まります。皆さん来シーズンの開幕戦をお楽しみに!

■着用モデル
成田亮
GOGGLE:MAYHEM
レンズ:BLUE LENS
ティアオフ:21枚
サングラス:Dispatch: Shawn White Signature Model

熱田孝高
GOGGLE:MAYHEM
レンズ:Dark Grey LENS
ティアオフ:21枚
サングラス:Dispatch: Matte White

増田一将
GOGGLE:MAYHEM
レンズ:Clear LENS
ティアオフ:21枚

勝谷武史
GOGGLE:MAYHEM
レンズ:Clear LENS
ティアオフ:14枚

■リザルト
IA-1
ヒート1
1位 熱田孝高選手
5位 成田亮選手
7位 勝谷武史選手
8位 増田一将選手

ヒート2
1位 成田亮選手
3位 熱田孝高選手
5位 勝谷武史選手
10位 増田一将選手

ギャラリー

関連製品