全日本モトクロス選手第7戦 両ヒートともオークリー1,2フィニッシュ!!

2011/10/13 11:16
10月8日(土)〜9日(日)にかけて、広島県グリーンパーク世羅にてモトクロス全日本選手権第7戦が、約7500人の集客とまさに秋晴れといった最高のコンディションの中開催されました。
今回のレースはオークリーサポートライダー全選手がオークリーMXゴーグルMayhemにDark Greyレンズ、ティアオフ14枚というセッティングでレースに挑みました。

■ヒート1
スタートからランキング2位の熱田孝高選手が2週目でトップに踊り出て、レースを牽引します。スタートが出遅れた成田選手は5番手から徐々にポジションを上げ、レース終盤にはそれまで快調な走りを見せていた熱田選手をかわしてそのままフィニッシュ!全7戦全てのヒート1優勝記録を続け、100勝まであと2つとしました。
熱田選手は、「くっそー!」と表彰台インタビューで悔しさを露わにし、「ヒート2は絶対に勝ちます!」と次のヒートへ向けてスイッチを切り替えていました。
一方の成田選手は「レース序盤は、#331の新井選手を抜くのに焦ってしまいましたが、落ち着いて自分の走りに専念したらうまく優勝まで行けました」とレース中の心境を語ってくれました。

■ヒート2
ここでも好スタートを見せたのは熱田選手と勝谷選手。レース序盤この2選手がレースを引っ張ります。完全にスタートをミスした成田選手ですが、6週目には3位までポジションを上げ、熱田、勝谷選手へ猛追をかけます。その7週目に勝谷選手がまさかの転倒によりリタイヤ。
ヒート1同様、熱田VS成田となった戦いは会場を大いに盛り上げました。
ラスト1周まで目の離せないバトルを繰り広げましたが、熱田選手が序盤のアドバンテージを生かしそのままフィニッシュ!
両レースともオークリー1,2フィニッシュという素晴らしい結果で第7戦の幕が閉じました。

この2人は家も近所という事もあり、別のチームながらも日々練習からお互いを高めあっている正にライバル。ランキングもこの2人がシリーズポイントを争う展開になっています。
再来週の第8戦はこの2人のホームサーキットであるSUGOスポーツランドでの決戦、そして成田亮選手の通算100勝目がかかった非常に面白いレースが行われる事間違いありませんので、近隣または、モトクロスファンの皆様は是非会場に足を運んでください!

■リザルト
IA-1
ヒート1
1位 成田亮選手
2位 熱田孝高選手
6位 勝谷武史選手
11位 増田一将選手

ヒート2
1位 熱田孝高選手
2位 成田亮選手
7位 増田一将選手
DNF 勝谷武史選手

選手着用モデル
成田亮選手:Mayhem Dark Grey Lens
      Eyepatch 2 Polished Black/Violet Iridiun
熱田孝高選手:Mayhem Dark Grey Lens
      FUEL CELL Brown Torotoise/Bronze Pola

増田一将選手:Mayhem Dark Grey Lens
勝谷武史選手:Mayhem Dark Grey Lens

ギャラリー

関連製品