日本女子オープンゴルフ選手権競技 馬場ゆかり選手国内メジャー初優勝!

2011/10/04 11:49
9月29日(木)〜10月2日(日)、愛知県の名古屋ゴルフ倶楽部・和合コースで開催された国内メジャー第3戦「日本女子オープンゴルフ選手権競技」で、オークリーとアイウェア契約を結んでいる馬場ゆかり選手が国内メジャー初優勝、そして2008年以来となるツアー通算3勝目を挙げました。

幅の狭いフェアウェイ、深いラフという難しいコースで全選手が大苦戦を強いられた今大会。馬場選手は、初日通算3オーバーで18位、2日目はアンダーパーの69をマークし、1打差の2位タイ。そして3日目は4オーバーの74でラウンドを終え、通算6オーバーとして単独首位に立ちました。そして、強風という悪いコンディションの中で行われた最終日。前半5オーバーで40とスコアを落としましたが、後半を1ボギーに抑え、スコア76、通算12オーバーで優勝しました。

2010年は2位入賞が4回といつもあと一歩というところで優勝を逃してしまい、悔しい思いをし続けてきた馬場選手。優勝した時の馬場選手の笑顔は、長く苦しい時期をそれでも諦めずに戦い続けたアスリートの強さを秘めた、とても魅力的な笑顔でした。

馬場選手は実は乱視のためコンタクトを着用しているのですが、眼が乾燥して時折着用に違和感を感じることもあるので、オークリーのRX(度付き)サングラスを試していました。そんな折、前週開催のミヤギテレビ杯の際に、パッティングの際に「傾斜からのパットがうまく打てない」「モノが霞んで見えたりする」という眼の違和感を相談されました。自分でも気がついていない問題があるのではないかと、眼の不安を解消するために月曜日にすぐさま検眼を実施しました。検査で正しく処方されたコンタクトレンズを着用した馬場選手は、「効き目である左眼の乱視が予想以上に強くなっていた」「今まで左眼の焦点が合わず、合わせるために眼を酷使していた」「処方された新しいコンタクトで眼がすごくラクになり疲れなくなった」と話してくれました。ゴルファーにとって眼は命です。これも良い結果につながった要因のひとつだったのかもしれません。
馬場選手はオークリーのRX(度付き)も愛用しています。度の入っていないスポーツパフォーマンスサングラスと併せて、みなさんもぜひRX(度付き)アイウェアをチェックしてみてください。

馬場ゆかり選手着用モデル:OCE COMMIT

ギャラリー

関連製品