全日本モトクロス選手第6戦 成田亮全戦ヒート1優勝

2011/09/13 12:39
9月10日(土)〜11日(日)にかけて、奈良県名阪スポーツランドでモトクロス全日本選手権第6戦が開催されました。

決勝レース当日は気温34℃を超える猛暑の中、IA-1ヒート1では成田亮選手がホールショットを獲得し、そのままレースの主導権を握って優勝を飾りました。これで全6戦ヒート1を優勝。通算100勝記録まであと3つとしました。2位には粘り強いレース運びをした熱田選手が2位を獲得。シリーズ戦においてほとんどの表彰台を獲得しています!

そしてヒート2。あまりの暑さに成田亮選手は熱中症の症状が見られましたが、回復しないままレースがスタート。スタート直後から2番手を走り、首位に上がるタイミングを見計らいますが、さらに日差しが強くなり、レース後半でポジションを2つ落として4位でフィニッシュ。ゴールと同時にコース内に倒れてしまうほど体力を消耗していましたが、最後まで走り切ってしっかりポイントを獲得する辺りは、「さすが!」の一言でした。

レース自体は、開催場所となった名阪スポーツランドをホームとするTeam SUZUKI所属の小島庸平選手が勝利を収めました。成田選手以外のオークリーのライダーは、熱田選手が後半2人を抜く走りを見せて3位に入賞。7位に勝谷選手、8位に増田選手が入りました。

次回は広島の世羅グリーンパーク弘楽園で10月8日、9日の2日間で開催されます。

選手着用Goggle
成田亮選手:Mayhem: Dark Grey Lens
熱田孝高選手:Mayhem: Dark Grey Lens
増田一将選手:Mayhem: Dark Grey Lens
勝谷武史選手:Mayhem: Clear Lens

ギャラリー

関連製品