OAKLEY Presents GATE FINAL は増田竜万選手が優勝!!

2010/11/05 22:15
11月3日(水)に東京・足立区のMap’s TOKYOにてOAKLEY Presents GATE FINAL全国年間ランキング決定戦が開催されました。出場者は幅広く、下は幼稚園生の6歳から上は25歳まで約50名のアマチュアスケーターがエントリー。すっきりと晴れ渡った空の下、東京スカイツリーが臨める最高のロケーションで大会はスタートしました。

約2時間の練習が終わり、各クラスでJAMセッション形式の予選がスタート。上位12名がファイナルへと進みます。ジャッジはオークリーライダーの米坂淳之介選手や瀬尻稜選手たち。次世代スケーターたちの成長にギャラリーも興奮状態でした。やはり注目が集まったのはEXPERT CLASS(上級)のファイナル。昨シーズンのチャンピオンを獲り、今シーズンもポイント1位の岸海選手をはじめ、2位の桑本透伍選手、3位の増田竜万選手のライディングにギャラリーの期待も高まりました。

岸海選手が無駄のない完璧なライディングを見せると、桑本選手は会場の誰よりも高く完成度の高いエアーを披露。増田選手はテクニカルな技で次々とセクションをこなし、ジャッジも採点に悩むファイナルが幕を閉じました。その後は、毎回恒例のS.S.S(Super Skateboard Session)が開催。これはプロもアマチュアも一緒にパーク内に入り各々のライディングを披露してベストライディング、ハイエアー、テクニカルの3つのポイントを競う競技です。ここではオークリーライダーの瀬尻稜選手が圧巻のライディングを魅せ、見事ベストライディング賞を獲得。ファイナルを盛り上げた桑本選手もハイエアーを獲得するなど会場を大いに沸かせました。そして今シーズン最後となったGATEの最終戦のリザルトはというと、ラインキング3位の増田竜万選手が見事に優勝!2位には岸海選手、3位に桑本透伍選手という結果で大会は幕を閉じました。

今週末11月6日(土)、7日(日)には、OAKLEY BIG DAY OUT SKATE 全日本アマチュア選手権が岐阜県の“中津川スケートパーク”にて開催されます。全国5地区のアマチュアシリーズ戦 TOP16名、計80名だけが参加資格を持つ国内最高峰のアマチュア大会です。初代チャンピオンの瀬尻稜選手をはじめ、小・中学生が次々とタイトル獲得しているこの大会。今年からはプロへの資格を賭けた熱い戦いが予想されますので、近隣の方はぜひ会場に足を運んでみて下さい!!

GATE関係者の皆様1年間お疲れ様でした!
大会の詳細は、
GATE公式サイト


週末のOAKLEY BIG DAY OUTの詳細

ギャラリー

関連製品