熱田孝高選手シリーズチャンピオン獲得!! 全日本モトクロス選手権最終戦

2010/10/28 11:49
10月23日(土)〜10月24日(日)に宮城県SUGOスポーツランドにて全日本モトクロス選手権最終戦が行われました。会場には今シーズン最後の熱いバトルを観戦するために、12,534名の観客が集まりました。

今回、会場でオークリーは来年リリースされるMXゴーグルのニューカラーを展示したり、カタログを配布したり、メール会員の募集などを行いました。オークリーブースを訪れてくださった皆様、ありがとうございました!

成田亮選手が第9戦の公式練習中に怪我をしてこの大会に出場しなくなったことで、ランキング2位の位置につけていたオークリー契約選手の熱田孝高選手と田中敦世選手にシリーズチャンピオン獲得のチャンスが訪れました。 ヒート1では、チャンピオンを狙う田中選手がトップを走り、その後ろに熱田選手がピッタリくっつくレース展開。熱田選手と同じSUZUKI TEAMの小島選手が仕掛け、トップへ躍り出ます。転倒してしまった田中選手を追い抜いた熱田選手でしたが、レース終盤まで抜きつ抜かれつの白熱したレース展開に会場は大いに沸きました。 結局そのまま熱田選手が3位でチェッカーを受け、シリーズチャンピオンに更に1歩近づきました。

ヒート2、ホールショットを決めたのはオークリーサポート選手の増田一将選手。そのままトップを走り続けますが、痛恨の転倒により一時は6位まで順位を落としてしまいました。 熱田選手は安定した走りを見せてレース序盤から2、3位争いを展開。ところが、レース終盤には増田選手が再び3位に浮上する猛追に、レースは俄然ヒートアップ!チェッカーを受けるまでどちらが勝ってもおかしくないレース展開でしたが、熱田選手が逃げ切り2位でシリーズチャンピオンを決め、見事2010年全日本モトクロス選手権シリーズチャンピオンの座に着きました!!

「成田亮から落ちてきた棚ボタ的なシリーズチャンピオンの座ですが、こういう時に勝つのもプロ。本当に嬉しいシリーズチャンピオンです!来年も応援よろしくお願いします!!」との挨拶に、多くのMXファンが祝福を送っていました。

IA2では、踵骨折というアクシデントを乗り越えてきた勝谷武史選手がランキング2位のポジションからシリーズチャンピオンを狙いますが、ヒート1スタート直後の第2コーナーで転倒してしまい、21位という厳しい位置からのスタート展開を余儀なくされてしまいました。 それでも10人以上を抜く猛烈な走りを見せましたが、やはり時すでに遅し。10位でヒート1をフィニッシュしました。しかし何が起こるか分からないのがレースの世界。今シーズン最後のレースとなるヒート2にすべてを賭けた勝谷選手に「もしかしたら?!」という期待がかかりましたが、最終的には惜しくも2位でフィニッシュ。シリーズランクも2位という悔しい結果で今シーズンを終えました。 「今シーズンは色々なアクシデントがありましたが、ここまで来ることができました!来シーズンからは450CCに上がるので、“打倒成田亮”で来シーズンも頑張ります!応援ありがとうございました!」とコメントし、会場もその声に応えるように盛り上がっていました。

今回の最終戦では、オークリーサポート選手の釘村孝太選手をはじめ、8名の国内トップライダーが登場してフリースタイルモトクロスのデモストレーションが開催されました。彼らの宙を舞うダイナミックなライディングに、多くのMXファンたちが大興奮していました。

2010年のシーズンが終わってしまい、一抹の寂しさを感じたりもしますが、気持ちを来年に向ければ「来シーズンの選手の動向は?」「チーム編成は?」「どんなレースが行われるの?」など、今から開幕戦が楽しみになってくる全日本モトクロス選手権。ライダー、スタッフ、関係者の皆様、お疲れ様でした!来年も大いに楽しませてください!


IA1
ヒート1
3位 熱田孝高 MAYHEM: DARK GREY LENS
5位 増田一将 MAYHEM: DARK GREY LENS

ヒート2
2位 熱田孝高 MAYHEM: CLEAR LENS
3位 増田一将 MAYHEM: CLEAR LENS

IA2
ヒート1
8位 山本鯨 O-FRAME GREY LENS
10位 勝谷武史 MAYHEM CLEAR LENS

ヒート2
2位 勝谷武史 MAYHEM CLEAR LENS
10位 山本鯨 MAYHEM DARK GREY LENS

ギャラリー

関連製品