全日本モトクロス選手第6戦!成田亮今季6勝目!

2010/07/07 09:28
7月3日〜4日に北海道わっさむサーキットにて全日本モトクロス選手権シリーズ第6戦が開催されました。
27度の暑さと前日の強烈な雨もあり梅雨のない北海道とは思えないコンディションで決勝レースが開催されました。
IA2では、勝谷選手がマッドなコンディションの中、2位、3位の選手を抜くのに苦戦しましたが、さすが2位でフィニッシュ。ヒート2ではスタートに失敗し最後尾からのスタートになりましたが、怒涛の追い上げで執念の4位に入賞しました。

勝谷武史選手着用モデル: MAYHEM MX Goggle/Clear

そして国内最高峰クラスのIA1のヒート1。見事ホールショットを獲ったのは成田亮選手。
そのままTOPを走り続け見事優勝を決めました。
3位と好調の出だしをみせた熱田孝高選手はレース中盤に転倒してしまい一時は最後尾となってしまいます。これを見逃さなかったのが同じオークリーライダーである増田一将選手。今シーズンは思い通りの走りが出来なかったのですが、北海道に来てコンディションが上がったのか3位でフィニッシュ。今季初の表彰台をゲットしました。熱田孝高選手も持ち前のねばりを見せ、最後尾から順位を詰め14位でフィニッシュしました。
レース後今季初の表彰台に立った増田選手は、「いやーようやく表彰台に乗れました。この折り返しからドンドン調子を上げて行くので今後も応援よろしくお願いします。」と何かが吹っ切れたような様子でした。

ヒート1
1位 成田亮(OAKLEY)
2位 田中敦世
3位 増田一将(OAKLEY)
14位 熱田孝高(OAKLEY)

そしてヒート2。ヒート1を2位だった田中選手が首位を独走。そしてこれを追いかけるのは、オークリーライダーの、成田、熱田、増田3選手。激しい2位争いを繰り広げ北海道に集まった約9000人の観客を沸かせましたが、2位争いに白熱した結果そのまま田中選手が優勝、2位に熱田孝高選手、3位増田一将選手、4位成田亮選手という結果に終わりました。

1位 田中敦世
2位 熱田孝高(OAKLEY)
3位 増田一将(OAKLEY)
4位 成田亮(OAKLEY)

成田亮選手着用モデル:MAYHEM MX Goggle/Clear
熱田孝高選手着用モデル:MAYHEM MX Goggle/Dark Grey
増田一将選手着用モデル:O-FRAME MX/Clear

次回は第7戦岩手県藤沢スポーツランドにて7月17日〜18日で開催しますので
お近くの方は是非、会場に熱いライディングを観に来て下さい。


ギャラリー

関連製品