2010 TRIAL WORLD CHAMPIONSHIP Rd.3 JAPAN GP

2010/06/08 19:21
世界の頂点を貫く日本人ライダー藤波貴久選手

さまざまな地形が盛り込まれたコースをトライアル専用バイクでいかにミスなく、スムーズに走り切るかを競うモータースポーツ、トライアル。日本では決してメジャーではありませんが、ヨーロッパでは絶大な人気を誇るモータースポーツのひとつです。

シリーズ全8戦で行われるトライアル世界選手権の第3戦が栃木県のツインリンクもてぎで開催されました。国内最高峰シリーズとなるこのレースは、セクションと呼ばれる15か所に設けられた各採点区間をいかに減点されずに通過するかを競います。転倒やバック、足をついたり、セクション外に出てしまったり、制限時間をオーバーしてしまうなど、減点ルールは実に多彩です。

モータースポーツ特有の「スピード感」はないものの、連なった巨大な岩や垂直に近い岩壁、または水の流れる滝など、手足を使ってでも通過するのは容易ではない難易度の高いセクションを次々とクリアしていくテクニックは見る者を圧倒します。

そんなトライアルの世界選手権に10年以上も参戦し続けている藤波貴久選手。彼は2004年に世界チャンピオンにもなっており、世界トップ3の常連でもあります。そんな藤波選手の母国であるここ日本で開催される日本グランプリには、多くのファンが詰めかけ、誰もが藤波選手の優勝を願って声援を送っていました。

1日5時間にも及ぶ長丁場で行われた今回の世界選手権。2日間で2レースを行い、世界を代表するライダーたちが白熱した戦いを繰り広げました。会場を訪れたファンは迫力満点のテクニックを心行くまで満喫し、大きな拍手を送っていました。

果敢に表彰台を狙った藤波選手ですが、両レース4位と僅差で表彰台を逃してしまいました。それでも日本のファンに改めて世界トップクラスのパフォーマンスを披露し、大いに喜ばせてくれました。藤波選手はこの日本グランプリの前戦となるポルトガルグランプリでは見事優勝を果たしており、シリーズチャンピオンに向けて残りのシリーズ戦も戦い抜いてくれるでしょう。


藤波貴久選手公式サイト

ギャラリー

関連製品