MXゴーグルMayhem早くも2勝!!

2010/05/17 13:57
5月16日(日)、広島県世羅郡にある世羅グリーンパーク弘楽園にて全日本モトクロス選手権第3戦が開催されました。当日は気温が25℃にまで達し、何度水をまいても路面はすぐに乾きってしまい、埃が立ち込めてライダーの視界を奪い去る恐ろしいコンディションでした。レース日程が短縮されていることから、主催者側はレースをオンタイムで進行させたがっていましたが、危険なコンディションでのレースを避けたい選手会側からの要望を受け、IA1のヒート1直前に散水のためにレースが見送られ、30分以上進行が遅れる波乱の大会となりました。

そんな中、IA2ではオークリー契約選手の勝谷武史選手がMXゴーグルの新製品、Mayhem(メイヘム)を着用。ヒート1、ヒート2ともに圧倒的な力を見せて勝利しました。もちろん勝谷選手の技量、速いバイクを用意したメーカー側の努力も見逃せませんが、砂埃が舞い上がり、他の選手たちが眼を真っ赤にしてレースを展開する中でゴーグル内に埃を侵入させず、快適なライディングをサポートしたMayhemの性能の高さも見逃せないポイントであったと思います。

今回はクラッチ故障等により本来の実力を発揮することができなかったIA1のオークリー契約選手、成田亮選手もMayhemを着用し、その視界の広さとO-Frameを凌駕するフィット感に感嘆の声を上げていました。フィットが良ければ当然埃も入ってこないため、まったく気にならなかったとコメントしてくれました。成田選手は今季連勝が続けば100勝達成も夢ではありませんでしたが、今大会の結果で100勝達成は来年へ持ち越しとなりました。

IA1のレースでは契約選手の熱田孝高選手が両ヒートで2位となり、これで6戦連続2位表彰台となる珍記録を達成!!(笑)。それでもポイントをしっかり獲得し、4戦連続1位で断トツランキング1位だった成田選手にわずか1ポイント差まで迫るランキング2位となっています。また、開幕から今ひとつ乗りきれていなかったオークリー契約選手の増田一将選手もヒート2では絶好のスタートを切り、成田選手とヒート2優勝の小島選手の後ろを走りながら、自分自身の走りを取り戻すようなレースをしていました。これから中盤戦に向けて調子を上げていくことでしょう。

次回は5月30日(日)、菅生サーキット。みんなで応援に行きましょう!

ギャラリー

関連製品