全日本BMX選手権大会 三瓶将廣が2年連続のタイトルを獲得!

2010/05/06 10:12
2008年の北京五輪から正式種目になったBMX競技。日本人最速を決めるレースが、4月25日に第26回全日本BMX選手権が埼玉県秩父市の秩父滝山サイクルパークで開催されました。
天気も良くコンディションが良い中での開催となった本大会、ディフェンディングチャンピオンとして大会に挑んだオークリー契約ライダー三瓶将廣選手が、予選第1ヒートでまさかの転倒があったものの2ヒート目からは好調に上位をキープし、決勝への進出を果たしました。
その他にも、オークリーサポートライダー佐伯進選手(旧姓:三浦)、高山一成選手らも順当にファイナルへ進出しました。
強豪が出揃ったファイナルでスタートから優位に立った三瓶選手は、レース途中で同じくオークリーサポートライダーの吉村樹希敢にパスされましたが、最終コーナーで再びトップに立ち、見事2年連続のタイトルを手に入れました。

三瓶選手コメント
「おかげさまで無事に優勝できました!これからも応援よろしくお願いします!」

2位に輝いた吉村選手は年齢ではジュニアクラスの選手です。今大会ジュニアクラスのエントリーが残念ながら規定の人数に達しなかったためにジュニアクラスが成立せず、上位のエリートカテゴリーに統合されてのレースになりました。そんな中で見事な結果を残した吉村選手、今後ますますの活躍が期待される選手です。


エリートクラス決勝結果
優勝 三瓶 将廣(#79)CROWBER MX Goggle
2位 吉村 樹希敢(#21)Proven MX Goggle
3位 阪本 章史(#57)
4位 高山 一成(#323)CROWBER MX Goggle
5位 佐伯 進(#315)CROWBER MX Goggle

JCF公式サイトはこちら
http://www.jbmxf.org/

三瓶将廣選手Blog
http://masahirosampei.com/

ギャラリー

関連製品