【全日本モトクロス選手権開幕】 成田亮選手、勝谷武史選手が優勝!

2010/04/06 16:43
4月3日(土)〜4日(日)、奈良県にある名阪スポーツランドにて全日本モトクロス選手権シリーズ開幕戦が開催されました。開幕にふさわしい晴天の中で行われたレースですが、今年からIA1の予選と決勝が1日で行われるようにレギュレーションが大幅に変わり、ライダーにとってはハードなスケジュールになりました。

国内最高峰クラスのIA1のヒート1(決勝は2レース開催されます)で成田亮選手はスタートから終始トップを独走。ラップ毎に後続を引き離す豪快な走りを見せて圧巻の優勝。その後方では、マシントラブルがありながらも果敢に攻めた熱田孝高選手が2位、転倒があったにも関わらず、追い上げを見せた増田一将選手が6位という結果になりました。

1位 成田亮選手:O-Frame MX Goggle
2位 熱田孝高選手:Crowbar MX Goggle
6位 増田一将選手:Proven MX Goggle

一方、IA2のヒート1では予選を4位で抜けたシーズン2連覇中の勝谷武史選手もスタートから独走状態。スタートで強豪選手たちがクラッシュするハプニングもありましたが、後続を気にもせず、グイグイとレースを引っ張り続け、優勝を飾りました。

1位 勝谷武史選手:Proven MX Goggle

午後のIA1ヒート2では再び好スタートを切った成田選手と熱田選手。4番手には増田選手が続きます。トップを走る成田選手は独走態勢。増田選手が3位争いを繰り広げる中、まさかのエンジンストップで7位に順位を下げますが、再び5位に浮上!しかし、「表彰台が狙えるか!」というところでまさかの転倒。腰を強打し、レースを棄権してしまいました。レースはスタートからトップを走り続けた成田選手が優勝。2位には熱田選手とヒート1、2ともにオークリー勢の1、2フィニッシュで競技を終えました。

1位 成田亮選手:O-Frame MX Goggle
2位 熱田孝高選手:Crowbar MX Goggle
途中棄権 増田一将選手:Proven MX Goggle

IA2でもヒート1を制した勝谷選手が変らずの独走態勢で優勝!成田選手と同じくピンピンで開幕戦を終えました。次戦は4月17日(土)、18日(日)の第2戦関東大会が埼玉県川越市のオフロードビレッジで開催されます。関東近郊にお住まいの方には生でモトクロスの迫力をお楽しみいただけるチャンス。この機会にぜひ会場に足をお運びいただければと思います。

■選手着用サングラス
成田亮:Dispatch: Polished Black/Black Iridium Polarized
熱田孝高:Dispatch: Clementine/Grey
増田一将:Dispatch: Matte White/Grey
勝谷武史:Fuel Cell: Polished Black/History Text/Black Iridium Polarized

ギャラリー

関連製品