國母和宏、堂々の3位入賞!

2009/08/17 19:04
8/11から8/15に渡り、ニュージーランドでBURTON NZ OPENが開催されました。世界中から来年開催されるバンクーバー冬季五輪に出場するであろう強豪が集まる中、日本の國母和宏選手が自身でも納得のいく滑りで堂々の3位入賞を果たしました!

ルーティンでは、マックツイスト→F900→チャックフリップ→F1080→CAB1080とすべて完璧なライディングを披露。「今回の大会は、自分が見てきた中で一番レベルが高い大会でした。今まで見たことのないが技がいくつも出てきたし、この大会でスノーボードはまた新しい次元に突入した感がありますね。 その中で自分の最高の滑りができて、3位に入れたことはすごく嬉しいです」と國母選手。

優勝は今大会で会場を沸かせたダブルフリップを2発決めたオークリーライダーのショーン・ホワイト。97ポイントと驚異の高得点で堂々の優勝。2位のルーク・ミトラーニ選手もダブルフリップを決めていました。来年初旬には新しいシグネチャーゴーグルもリリースされる予定の國母選手。世界の強豪たちを相手に最高のライディングを披露できて、ますます勝負強さに磨きがかかってきました。大会翌日の16日には21歳の誕生日。20歳最後の日に世界3位に入るとは、凄い選手です。

一方女子の部では、オークリーライダーの岡田良菜選手がセミファイナルを5位で通過してファイナルに進出。最終的には7位入賞という結果を残しました!岡田選手は「NZopenに出場するのは今回で4回目だったのですが毎年室内のパイプと山のパイプのギャップに合わせられなくて駄目でしたが今年は一桁台の順位に入れてうれしかったです!みんなのヤバいランも見れたし、いろんな意味で楽しかったです。まだまだいっぱい練習しなきゃ!!って感じでやる気がでました。次は1位とれるよう頑張りマス!!」とコメントしていました。


國母和宏選手着用モデル:
KAZU Crowber Snow: Pink/Green Fade/VR50 Emerald Iridium

岡田良菜選手着用モデル:
A-Frame: Industrial Khaki /Pink Iridium

ギャラリー

関連製品