日本初のウェイクボード イベント開催 YOKOHAMA WAKE LAB

2009/06/04 10:21
5/30(土)〜31(日)、オークリーとエナジードリンク・ブランドのレッドブルが横浜赤レンガ倉庫で開催されているイベント「2009横浜国際マリンエンターテイメントショー」の会場にて国内初のショーアップ型のウェイクボード・エキシビションを開催しました。

今回特設エリアとして、赤レンガ倉庫の1号館と2号館の間に長さ15メートルと10メートルの特設プールを設置し、ふたつのプールの間にジャンプ用キッカーを設けてウィンチで引っ張り上げてライダーたちがワンメイクジャンプを行いました。着地に失敗したらアスファルトへ落ちるという危険なイベントに、オークリーライダー手塚翔太選手、田口勇樹選手の2人を始めとする国内外のライダー5名が参加。大勢の観客たちの前で驚異のパフォーマンスが繰り広げられました。

天候が思わしくない中、集まってくれた多くのギャラリーの前でパフォーマンスを披露するということは、普段、湖や海でライディングしているライダーたちにとって最高の舞台だったようです。練習時より遥かに回転数をあげたり、縦回転を入れたりするなどして、横浜みなとみらいに訪れた多くの観光客を次々と興奮の渦に巻きこんでいました。

手塚翔太選手のコメント:
「今まではこんなに近くでお客さんに見てもらえる機会もなかったし、ウェイクボードに興味がなかったり、ほとんど知らないであろう人たちがたくさん見てくれたことでテンション上がりました!日本でももっとこういうイベントをやって、多くの人たちにウェイクボードを体験してもらいたいです」

大会の模様は、J Sports ESPNのX-Sportsでも放送予定です。詳細はこのページへUPDATEしていきます。

ギャラリー

関連製品