JAWBONE、ついに日本に上陸!

2009/05/27 10:54
OAKLEY Websiteのトップページでもご覧いただけるオークリーの最新スポーツアイウェア、JAWBONE(ジョウボーン)が発売を間近に控えて、いよいよ日本に上陸。いち早くMTBファンに披露するために、5/23(土)から24日(日)にかけて長野県富士見高原で開催された“LOUISE GANEAU GREEN CUP”で展示、初披露となりました。

“LOUISE GANEAU GREEN CUP”は一般ライダーから招待ライダーまで、参加者延べ900名、来場者約2000名というMTBイベントの中ではかなり大きなイベントです。6時間耐久レース、トレイルランニング、デュアルレース、キッズ、ジュニア1時間耐久レースなど、内容盛り沢山の一般参加型イベントです。ほとんどの種目がエントリー無料ということもあり、大人から子供まで多くのライダーが参加していました。

JAWBONEを早速OAKLEYライダーへ

辻浦圭一選手(2008年 XCシーズンチャンピオン、7年連続シクロクロスチャンピオン)
「見た目は重そうなのにスゴイ軽さです。レンズもハイドロフォビックだし、とにかくレンズの交換が簡単です。
レースでも活躍するアイテムですね」

竹本将史選手(DH エリートライダー)
「とにかくカッコいい。スポーツユースでは申し分ないし、街中でもライフスタイルサングラスとして使えますね。それにフレームが簡単に外せるのでレンズの付け替えが楽ですね。濃いレンズと薄いレンズが最初からついているので、街乗りで自転車を楽しんでいる人もほしがると思いますよ」

松本駿選手(XC エリートライダー)
「とにかくフィットが良いです。ノーズピースとレンズの交換が簡単だし、標準装備で交換レンズが1組ついているのも魅力。しかも軽いので、個人的にはRadarに勝る商品だと思います」

とプロライダーたちにも大好評でした。また、オークリーのブースを訪れた一般ライダーたちもタッチ&トライしてくれましたが、ほとんどのお客さんから「フィットが良く、オークリーっぽい!」「見た目よりもとても軽い」「レンズとケースがついてこの値段?!」と大絶賛。嬉しい限りです。

オークリーがRacing Jacketの後継モデルとして、満を持してリリースするJAWBONE。6月発売予定ですので、皆さんも最寄りのオークリー正規取扱店でチェックしてみて下さい!

ギャラリー

関連製品