トップアスリートトークショー in ららぽーと横浜

2009/01/19 21:02
◇トップアスリートトークショー in ららぽーと横浜
1月18日(日)、オークリーサポート選手によるアスリートトークショーがららぽーと横浜で開催されました。今年で第2回目となるアスリートトークショーのゲストは昨年の北京五輪男子4×100mリレーで銅メダルを獲得した塚原直貴選手(富士通陸上競技部所属)と日本代表選手として男子ビーチバレーで初の勝利を挙げた白鳥勝浩選手(湘南ベルマーレ所属)のお2人です。昨年の出来事とはいえ、まだまだ多くの人の心に残っている北京五輪。その北京五輪で日本人男子選手として陸上トラック種目で初のメダルと獲得した塚原選手と日本男子ビーチバレーとして12年ぶりに五輪に出場した白鳥勝浩選手を間近で見られるとあって、イベント開始30分前には多くの人がステージを囲み、両選手の登場を待ち望んでいました。

いよいよトークショーがスタート。まず第一の質問は「北京五輪の印象」について。塚原選手は「すべてにおいて、想像していたより凄い!の一言。その規模、ボランティアをはじめとして大会運営に関わる人たちの熱い情熱、そして世界中の選手がメダルを目指して競い合うこと。本当に素晴らしかった」とコメント。白鳥選手は「ビーチバレーの五輪出場はアトランタ大会以来12年ぶり。当時僕はインドアバレーボール選手だったので、2人だけでプレーするビーチバレーを正直甘く見ている部分もありました。でも自分がビーチバレー選手として五輪に出場して、アトランタ大会では達成することができなかった1勝を挙げることができて嬉しかったと同時に、世界の壁がどれだけ高いかを実感しました。できることなら当時の選手に謝りたいです」とコメント。またビーチバレーの日本代表選手が決定したのは7月下旬で、予選が終わった1週間後には北京に行っていたとの白鳥選手の説明に観客の皆さんは驚きの声をあげていました。

この日のイベントにためになんと銅メダルを持ってきてくれた塚原選手。着ているジャケットの中から銅メダルを取り出すと観客の皆さんは一斉に携帯電話のカメラで撮影を始めました。塚原選手いわく「大会が終わってからこのメダルを色々なところに持って行っているので、相当もみくちゃにされているんです。だからメダルの紐がもうボロボロになってしまいました。ようやく今になって大事に扱っています(笑)」という発言に観客の皆さんも思わず笑っていました。また選手村での出来事として「夜中の3時頃に窓のカーテン辺りで何か変な音がする。何だろうと思って電気をつけてみたら、なんとコウモリが部屋の中にいてビックリしました。部屋から出そうとしても、なかなか上手く行かず、結局2時間近くコウモリと格闘していました。今にして思えば、あのコウモリが僕にメダルを運んできてくれたのかも…」という話に、五輪という世界の舞台に出場する選手が、まさか夜中にそんなことをしていたのかと、観客に皆さんは驚いている様子でした。

スポーツとサングラスの関係についての話題になると両選手とも「北京五輪にはどんな天候に対応できるようにサングラスは4〜5本持って行きました」と熱く語り始めました。塚原選手は「サングラスをかけると眩しくなくなり、視界がはっきりするので動きに集中することができます。また、自分の表情が他の選手に見られないという点において心理的な駆け引きで優位に立つことができますね」と語り、白鳥選手は「眩しさを防ぐのはもちろんのこと、砂や風を防いでくれるというのもビーチバレー選手にとっては非常に大事なことです。そしてサングラスをしていると相手に自分の視線がどこに向いているかがわからないので、次の動きを読まれることがありません。これはプレーをする上で非常に大事なことです」とコメント。司会者の「でも競技中の激しい動きの中でサングラスがズレてしまうことはないのですか?」という質問には両選手とも声を揃えて「オークリーサングラスなら絶対にズレません!」と答えていました。

「普段愛用しているサングラスは?」との質問に白鳥選手は「レンズの大きいタイプや音楽が聴けるタイプ。実は閉会式でもこの音楽が聴けるタイプをかけていました」と答え、塚原選手は「車を運転する時には偏光レンズのタイプを使っています。どんなに日差しが強くても、これさえあれば視界はバッチリです」と答えていました。最後に今後の目標について話題が移ると、塚原選手は「リレーというチーム種目でメダルを獲得したので、次はアジア人初の10秒台を切る記録を狙い、ファイナリストとして走りたいですね」と語ってくれました。白鳥選手は「オリンピックに出場したという経験を活かして国内大会で全力を尽くしたいです。週末は平塚のビーチで練習をしています。もし、ビーチで見かけたら気軽に声をかけてください」と嬉しいコメントをくれました。

トークショーの後は待ちに待ったプレゼント抽選会。日の丸が刺繍された特製オークリーリストバンドやサングラスがプレゼントに用意され、リストバンドは選手とのじゃんけん大会で勝ち抜いた人に送られるなど、抽選会も多いに盛り上がり、イベントは大盛況のうちに終了しました。

ギャラリー

関連製品