田中樹選手 結婚披露宴リポート

2008/12/18 19:38
オークリー・アイウェア契約のプロサーファー田中樹選手と妻・裕未さんの結婚披露宴が12月15日(月)、ホテルグランパシフィックLE DAIBA(東京都港区台場)の29階にて夕刻からとり行われました。東京の空の下に広がる美しい夜景をバックに、日本のサーフシーンを代表する選手や関係者がたくさん集まりました。

田中選手は1986年に神奈川県茅ヶ崎で生まれ、6歳までを湘南で過ごした後、サーフィンが大好きだったお父さんに連れられて千葉県に移住しました。そして本格的にサーフィンに取り組むことになります。オークリーが毎夏開催しているBIG DAY OUT SURFの会場である千葉県長生郡一宮町にある志田下ポイントは田中選手のホームポイントでもあります。現在のサーフシーンでは、オークリー契約選手の高梨直人選手、田嶋鉄兵選手とともに「3T(3人のT)」として中堅サーファーとして多方面で活躍しています。田中選手は昨年ランキング2位、田嶋選手は今年グランドチャンピオンに輝きました。

結婚披露宴ではさすがサーファーたち、かしこまった空気を出す人間は一人として(?)おらず、みんなメローでスローで砕けた感じの和やかで楽しい宴席となりました。特に司会を務めた田嶋選手は、サーフィンの技術ばかりでなくトークにもすばらしい才能を備えているようで、披露宴ではその実力を大いに発揮して会場を沸かせていました。

招待客のテーブルのひとつにベテラン選手たちがたくさん集まっているテーブルがありました。浦山哲也、牛越峰統、小川直久、吉岡智文、河野正和(以上敬称略)など、回されたマイクを手に次々にスピーチを始めると、さすがに田中選手も大先輩たちを前に、神妙な顔つきでしっかりとその言葉に耳を傾けていました。四国のレジェンドサーファー、千葉公平さんもスピーチで「長いことサーフィンをやってるけど、俺に向かって『ワックス貸してくれ』って言ったのは、樹、お前が初めてや〜(笑)」と会場を笑いの渦に……。後輩からも「ご家族には内緒にしていたけど、高校の時によく家を貸してやったな〜」ときわどい発言も!!(笑)

新郎新婦ともに笑顔の耐えない、明るく楽しいサーフィン業界らしい披露宴でした。田中選手!弟のJOE選手とともに世界に羽ばたくサーファーとなり、いつでも裕未さんが笑顔でいられるように活躍されることを祈っています。そしてお二人とも末永くお幸せに!!

追記:高梨直人選手が1年間の挨拶に会社に来てくれました。ちょうどその時にプロトライアスリートの福井英郎選手も挨拶に来ていたので、怪しげなオブジェとともに一緒にフォトシューティング!!二人とも来年もがんばってください!!

ギャラリー

関連製品