松坂大輔選手、野茂選手を越える17勝に岩村明憲選手が祝砲!

2008/09/16 18:53
ボストン・レッドソックスの松坂大輔投手が、岩村明憲選手のホームであるトロピカーナ・フィールドでレイズとの首位攻防3連戦の初戦に先発。5回1失点で17勝目を挙げ、野茂英雄選手が持つ日本人メジャーリーガーのシーズン最多勝を更新しました。

試合はレイズの先発カズミアーが大誤算。ノーアウトで2人のランナーを抱えた場面で、3番オルティーズに先制の3ランホームランを浴び、ローウェルのソロなどで初回に4失点。首位攻防戦で地区優勝をぐっと近づけたい意識が空回りし、完全に浮き足立っていました。若い選手たちを落ち着かせるように岩村選手は第2打席、相性の良い松坂選手から反撃の口火を切るソロ本塁打をレフトスタンドに運びます。しかし、カズミアーは4回にも本塁打を3本献上し、一挙に7点を奪われ試合を決められてしまいました。

レイズはその次の回から主力を交代させ、試合を消化試合として準レギュラーを試合に起用。勝負は明日へと切り替えました。早々に交代したレイズの選手たちは何をしているのかといえば……試合途中でシャワーを浴び、なんと風呂上りのビールをいただいております(笑) これがアメリカの大らかさなのですね。

レッドソックス3番オルティーズの際のレイズのシフトをご覧ください。全員が引っ張りに備えて右方向に守っていますが、実はこのあとオルティーズは速球に振り遅れてレフト線へ飛球を放ち、楽々2塁打を記録しています。イチロー選手の内野5人シフトといい、メジャーは大胆で面白いですね。

松坂選手と岩村選手、ともに活躍を期待しています!
岩村選手の祝砲の模様(動画)


ギャラリー

関連製品