サンディエゴ パドレス 井口選手本社来訪

2008/04/17 15:56
サンディエゴ・パドレスに所属する日本人メジャーリーガー井口資仁選手がレギュラーシーズン中のオフ日にオークリーのアメリカ本社を訪れました。井口選手はメジャーリーグでプレーして今季で4年目を迎えますが、シカゴやフィラデルフィアに住んでいたため、オークリー本社があるカリフォルニア州には遠征でやってくるだけだったので、今まで本社を訪れる機会がありませんでした。今年は本社から車で1時間しか離れていないサンディエゴに住んでいるため、シーズン前から本社に行くことを楽しみにしていたようです。

オークリー本社のエントランスの造りは、初めて見た人はほぼ必ずと言ってよいほどそのスケールに圧倒されるのですが、さすがの井口選手も例外ではありませんでした。エントランス付近だけではなく、本社スタッフが働くオフィス内も見学し、一般の人の目に触れない部分にまでこだわった造りを見ていたく感心している様子でした。

その後、社内見学ツアーに参加した井口選手は普段自分が使っているサングラスが実際にどのような工程を経て、どのようなことに注意して製造されているのか、どのようなテクノロジーを持ったサングラスなのかといった説明にじっくり耳を傾けていました。見学ツアーの後、井口選手は「オークリーのサングラスの値段が高い理由がとてもよくわかる」と話し、改めて製造過程やテクノロジーに触れたことでオークリーのサングラスに対して今まで以上に強い興味が湧いたようでした。

井口選手はダイエーホークス時代の1999年、キャンプ中にオークリーがチーム選手向けに開催したサングラスセミナーで、現在シアトル・マリナーズで活躍する城島選手らとともにサングラスの本来あるべき意味を知り、それ以来約10年に渡ってオークリーのサングラスを愛用しています。今年もワールドシリーズ出場が射程距離に入っているチームに所属する井口選手。再びチャンピオンとなってオークリー本社に2つめのチャンピオンリングを見せに来てくれることを期待しています。

ギャラリー

関連製品