別府 史之(Fumiyuki Beppu)

別府 史之(Fumiyuki Beppu)画像
別府 史之(Fumiyuki Beppu)画像

フォトギャラリー

プロフィール

1983年4月10日生まれ
高校卒業後フランスに渡り、2005年にランス・アームトロングの所属するディスカバリーチャンネル・プロサイクリングチームに加入し、 日本人として初めてUCIプロツール選手となる。
2006年に日本チャンピオンタイトル獲得し、2007年に日本人初のUCIプロツール(現ワールドツアー)ポイントを獲得。2008年アジアチャンピオンタイトルを獲得し、北京オリンピック出場。2009年、日本人として13年ぶりとなるツール・ド・フランス出場。最終第21ステージで「敢闘賞」を獲得。日本人初の完走も同時に果たした。2010年より再びランス・アームストロングの所属するチーム・レディオシャックへ。2011年、日本人で始めて、5大クラシック完走を達成。2度目のグランツールとなるジロ・デ・イタリアに初出場し、第1ステージのチームタイムトライアルで2位、第10ステージでは区間フーガ賞を獲得。6月には久しぶりに日本選手権を走り、ロードと個人タイムトライアルの日本チャンピオンを獲得。また8月に行われたGPウエストフランスでは8位に入り、ワンデイレースで日本人初のUCIワールドツアーポイントを獲得。2011年UCI世界ランキングで145位(日本人過去最高位)となる。2012年からはオーストラリアのグリーンエッジに移籍し、3度目のグランツールとなるジロ・デ・イタリア、そしてロンドン・オリンピックに日本代表として出場。
2014年シーズンより、Trek Factory Racing の一員となり多くのグランツールで活躍、全日本選手権タイムトライアルタイトル保持者。同年のジャパンカップではアジア最優秀選手賞を獲得。

コメント

オークリーとの出会いは?

アイウエアは自転車ロードレースにとって不可欠なアイテムです。オークリーは目を守ることだけでなく、晴天、悪天候などで視界が見難い状況でも路面の情報をしっかり察知してサポートしてくれます。

契約アイテムの使用感は?

今シーズンより競技中に度入りのレンズ(TRUE DIGITAL)を使用します。 違和感も重さも無く別世界にいるようです。今シーズンはTrue Digitalによって更なる極みを求めたいです。

今後の抱負は?

与えられたグランツールでチームに貢献することと、いつも勝つチャンスを狙うこと。オリンピック代表となり、世界の頂点に立つことを目標にオークリーアイウェアとともに狙いたい。

主な戦績・記録

2011GP西フランス・プルエー 8位(UCI WorldTourポイント獲得)
2011全日本選手権(個人ロード、個人TT)優勝
2011ジロ・デ・イタリア完走(1st(TTT) 2位, 10st フーガ賞, 総合67位)
20115大クラシックレース通算全完走達成
2009ツール・ド・フランス完走(3st 8位, 19st 7位, 21st 敢闘賞, 総合111位)
2008北京オリンピック出場
2008アジア選手権(個人ロード)優勝
2007ツール・ド・ロマンディ 第3ステージ2位(UCI ProTourポイント獲得)
2006全日本選手権(個人ロード、個人TT)優勝

別府史之選手の着用アイテム


別府史之選手の関連サイト